100円札の種類


100円札には、明治時代から発行されていたものを含めると全部で8種類の紙幣があります。 日本で最初に発行された100円札は、明治18年(1885年)から発行されはじめたもので、「大黒天」が描かれていることから「大黒札」などとも呼ばれています。この大黒札にはこんにゃくの粉がまぜられていたために虫などの食害が多く、肖像を藤原鎌足に変えた改造100円札が発行されました。この紙幣は今までに日本で発行された紙幣の中でもっとも大きな紙幣として知られています。どちらも発行枚数が少なく、現存しているものは非常に少ないレアな古銭です。 その後明治から昭和初期まで発行された「裏紫100円」といわれる甲号券、昭和初期から第2次世界大戦時まで使用された乙号券、戦時中に発行されたい号券、終戦直後のわずかな期間に発行されたろ号券などを経て、戦後にA号券とB号券の百円札が発行されました。ろ号券までの百円札は現在お金として使用できませんが、このA号券とB号券は現在でも紙幣として使用することができます。 聖徳太子を印刷したA号券は戦後の10年ほどで使用が停止されましたが、板垣退助を肖像としたB号券は100円銀貨が発行されて流通するようになるまで使用され、昭和49年(1974年)に支払いが停止されました。このため板垣退助の100円札は現在でもまだ大量に流通していて、地方のお土産やさんなどへ行くとお釣りを100円札でくれたりするところもあります。 この板垣退助のB号券については、古銭的な価値はほとんどありません。基本的には現行の紙幣と同じ額面通りの値段となりますが、発行アルファベット記号が初期のものや番号がぞろ目などの特殊な番号のものについては、額面以上の値段で取引される場合があります。