住まいの始まりから終わりまでを見つめる日商エステム

ヘトヘトになるまで働いて、帰ってくる場所があるというのはどれだけ心強いことでしょうか。安心出来る住まいというのは、それだけで精神の支えになるものです。それだけにマンションや一戸建て住宅に憧れを持っているという人も多いかと思います。数ある不動産業者の中で、どのようなところを選ぶのが良いのでしょうか。

日商エステムグループが掲げているのは、「製・販・管」を総合的に行うことで、品質を高く、信頼を深くするということです。つまり、グループ内で一貫体制を構築することで、クオリティを上げ、顧客からの信頼を勝ち取ることに成功しているのです。不動産商品の開発から、その商品のメンテナンスに至るまで一手に引き受けるということは、日商エステムはどのような仕事をしているのでしょうか。

まず日商エステムはマーケティング調査を行い、不動産市場の動きや顧客ニーズの把握。さらには立地調査を行い、事業用地を選定します。このときに法規制に引っかからないかを注意した上で、市場のニーズを満たすようなロケーションを選んでいくのです。用地が決まったら、次は企画と設計です。きちんとロケーションに合うような住まいになるように何度も会議をして商品化にまで漕ぎ着けます。このときに顧客へのプレゼンテーション用の販売促進グッズも企画しているのです。さらには、プランや設計の会議、施工会社を選ぶ工程が含まれています。施工や大規模な修繕工事に取り掛かったら、その途中で品質管理も行います。また、周辺の環境や住民への配慮もしています。

「物件を建てたら、それで仕事が終わり」とはいかないのが、日商エステムグループの一貫体制です。物件の購入を考えている顧客に対してローンの手続きの手伝いをし、ライフプランニングの設計まで面倒を見ます。引き渡しの際に最終検査の後の自社チェックなど、顧客に対して「これでもか」と言わんばかりに寄り添っているのが分かります。また、管理やメンテナンス、リフォームから大規模修繕工事、リノベーションなども手掛けているため、その物件の始まりから終わりまでを全て任せることが出来るのです。最終的に手放してしまうことがあっても、日商エステムは市場調査から割り出した適切な鑑定結果に基づき、最適な形で物件を扱えるような提案をしてくれることも魅力の一つでしょう。

日商エステムグループのように、一つの物件を手厚く見てくれるような不動産会社を選ぶことで、面倒になりがちな手続きも任せることが出来ます。日商エステムのような業者を選びたいという人がいるのも頷けます。