幅広い層に企業メッセージを届ける日商エステム

関西方面で地盤を固めた日商エステムは、その後、大阪、名古屋、東京の三大都市を中心とした全国の主要な都市に展開をしています。1991年に創業して以来、供給を安定して行い、業績を確実に伸ばしてきた日商エステムは、経営戦略を全体的に担うエステムホールディングスも設立しています。

また、2004年に東京へ進出してからは、東京23区内にある立地を中心に物件を展開。多様な都市の生活スタイルに対して柔軟に対応出来る商品があります。「フュージョンタイプ・マンション」や「ステュディオタイプの高付加価値マンション」という立地条件やオフィスへの活用性の高さなどから資産運用の可能性に期待出来るマンションも供給しています。

また、企業広告に目を向けてみても唸るものがあります。テレビコマーシャルを筆頭に、雑誌広告や新聞など、ありとあらゆるメディアに展開している広告活動を見たことがあるという人もいるかと思います。街中にある看板やポスターの中に日商エステムの名前は確かに存在しているのです。その中でも大阪のメインスポットである道頓堀に、ひときわ目立つ巨大な看板を展開しているので、その知名度は抜群です。道頓堀を流れる川面に映る「日商エステム」の文字は大きなインパクトを与えていると思っている人も少なくありません。また、有名な阪神甲子園球場の一塁アルプススタンド側や、若者がこぞって繰り出すライブハウスである「なんばHatch」の横、さらには新御堂筋などに大きく看板を立てていることでも広く知られています。全国ネットのテレビ番組でもCMを流していることから、関西だけでなく全国的にも知名度は抜群です。こうした宣伝活動は、日商エステムで物件を買いたいという人はもとより、物件を売りたいという人にも強い訴求力を持ちます。こうして、物件の循環性を高めることで、よりそのクオリティが上がっていくと考える人もいるのではないでしょうか。

製造から販売、管理までを一貫体制で行う日商エステムは、大阪を中心に高い知名度を誇っています。街の目立つ場所に建てられた看板やテレビコマーシャルの効果は企業のイメージやメッセージを不特定多数の人々に届けることに大きな役割を担っています。また、それだけではなく共同事業への取り組みも怠りません。得意な分野を持ち寄った共同事業を行うことで、さらに物件のクオリティを高めることが可能になります。物件のことで何か困った点があったら日商エステムのような業者を探してみるのも良いかもしれません。