グループ一貫体制の日商エステム

日商エステムは大阪、東京、名古屋の日本三大都市を中心に物件の供給を行なっています。日商エステムの特色は数多く存在しますが、その中でもとりわけ強みであると感じている人も少なくないグループ一貫体制について説明させていただきます。

その製品のことを良く知っているのは、もちろん、その製造者に他ありません。グループ一貫体制とは、製造、販売、管理に関して他社を媒介することなく、トータルで行うことです。日商エステムが開発からメンテナンスまでを自社グループで一貫することにより、品質の向上やコストメリットの追求、さらには、顧客の信頼を得ることにも繋がるのです。

では、具体的に日商エステムのシステムの流れを追っていきましょう。まずはマーケティング調査を行い、その時代のニーズを把握し、顧客の容貌と市場の流れをマッチングさせることに注力します。ここでは、立地調査を徹底し、さらには不動産の市場調査、購入層のマーケティングリサーチを行います。次に行うのは事業用地の選定です。市場のニーズに合っていて、なおかつ価値が高いロケーションを法規制などの障害をクリアした上で行います。こうした段取りを踏まえた上で、いよいよ企画設計に入ります。事前に計画したロケーションに沿うような住まいづくりを目指しています。商品化に向けて動き出すのです。設計会議や商品の企画会議、施工会社の選定。顧客への提案用のパンフレットやモデルルームをコーディネイトすることもここからスタートします。そして、施工や既存の分譲住宅の修繕工事に取り掛かります。こちらは品質管理を徹底してチェックすることはもちろんですが、周辺環境への配慮も忘れることはできません。その後、完成した後に販売、分譲へと移りますが、このときも一切他者を通さないのが日商エステムの特徴だと考える人もいるでしょう。購入のための人生設計やローンに関する手続きも行うため、スムーズに物件を引き渡すことが出来ます。その後のメンテナンスやイノベーションも行うことが出来るため、顧客は安心して物件を任せることが出来るはずです。

顧客にとって、住まいは一生の買い物です。そのため、買って終わりではなく、日商エステムのように生涯を通じて寄り添っていけるようなパートナーになれる存在である方が力強いと感じる人も多いでしょう。グループ一貫体制では、物件のクオリティが上がるだけではなく、顧客と日商エステムの絆がより深まるような仕組みが出来上がっているということが、さらなる発展に繋がるのではないでしょうか。