一生一緒にいてくれる日商エステム

どんな買い物よりも一戸建てやマンションなどの住まいの買い物が重要なのは、そこに人が住み続けるという前提があるからです。もちろん、金額の高さも影響していることは間違いありませんが、例えば宝石や骨董品であった場合、たとえ放っておいても何も問題はありません。しかし、住まいは人が住んでこそ初めてその価値を発揮します。そのため、購入して終わりではなく、その後の生活が充実するかどうかということこそが、住まいの真価だと考える人も少なくありません。

総合デベロッパーである日商エステムは、住まいの「進化」「深化」「真価」をホームページ上で掲げています。日商エステムの特色はグループ一貫体制を構築していることです。自社で作った商品を自社で販売し、管理することで効率的にその真価を引き出すことができます。

では、具体的にどのような流れで進んでいくのでしょうか。まずは、マーケティング調査、事業用地の選定を進めていきます。その後、そのロケーションにあった住まいを企画設計し、施工に取り掛かります。この時、建設途中の品質管理や周辺環境への配慮も忘れることは出来ません。その後の販売や分譲に関しても、グループ一貫体制の日商エステムは、ライフプランニングの設計、ローンの手続きなども顧客に対して提案していきます。最終検査を行なった後、さらに自社チェックをして顧客に引き渡した後も、日商エステムの仕事は終わりません。引き渡しが終わった後も定期的なメンテナンスを行います。また、そのメンテナンスの結果に応じて修繕や改善のプランも提案。そうすることで、大規模な修繕工事も可能となるのです。さらに、住宅を手放す必要が生まれてしまった場合でも、市場を把握している日商エステムだからこそ出来る最適なプランニングを提示することが可能です。また、リノベーションも行うことが出来るため、まさに、住宅の誕生から終焉までを見届けることが出来ると言えるのではないでしょうか。

土地情報を入手し、その取得決定までの時間をスピーディに行うことで、市場のニーズを的確にとらえます。また、様々な協力会社を結ぶ重要なパイプ役も務め、「住まいを通じて一生のお付き合い」の理念の元に、顧客との人間関係を大切にした活動を展開している日商エステム。こういった住まいのスペシャリストを知っていることで、より一層人生が豊かになると考える人も多いのではないでしょうか。日商エステムのような存在と深く関わりを持ち、住環境を充実させましょう。