日商エステムのマンションブランド

物件の購入を考えている人にとって、マンションブランドとはとても重要なものです。どのような特色があり、購入することでどのようなメリットがあるかという点は是非とも知っておきたいポイントです。今回は日商エステムのマンションブランドについて解説させていただきます。

はじめに、日商エステムグループとは、東京、大阪、名古屋の日本三大都市を中心に物件を供給しています。また、関西にも強く、京都や神戸などの日本の主要都市で18,000戸もの実績を誇っているのです。また、グループ企業を通じた一貫体制によるシステムの構築も魅力の一つで、企画から製造、販売や管理までを一手に引き受けることで、その魅力を最大限にまで引き出します。物件の内容としては幅広い層に対応した都市型マンションを中心に、収益性の高い都心立地の資産運用型マンション、また、一戸建ての事業も展開しています。各グループ企業同士の専門性を企画力に活かすことで、日商エステムはこのような魅力ある物件づくりが可能となるのです。

では、日商エステムでは実際にどのようなマンションや一戸建ての特徴があるのでしょうか。まず、ファミリーユースや資産運用型の分譲マンション「エステムコートシリーズ」があります。こちらは最新鋭の設備や使用を採用していることや、ゆとりある空間づくり、セキュリティに配慮してある点などから分譲マンションとして人気を博しているようです。「エステムコートシリーズ」は、そのプランの魅力の高さ意外にも立地が大変優れていることから、さらに価値が高まっている傾向にあります。次に「エステムプラザシリーズ」ですが、こちらは都市型の分譲マンションとなっており、都会での暮らしの要望に特化しているプランとなっています。老若男女、あらゆる層へ快適な住環境を提案することはもちろんのこと、住んでいる人それぞれの個性が反映されるような空間を創ることを特色としているようです。さらに日商エステムはマンションだけではなく一戸建て住宅も展開しています。それが「エステムスイート」シリーズです。こちらは、その分譲マンションづくりで日商エステムが培ったノウハウを快適な空間づくりに活かしています。一戸建ての分譲住宅でありながら「街を創る」という壮大なコンセプトを打ち出していることが心強いと感じている人も多いのではないでしょうか。

日商エステムのマンションブランドは、資産運用に優れた「エステムコート」。都市型生活に特化している「エステムプラザ」。マンション分譲のノウハウを活かした一戸建て分譲住宅の「エステムスイート」があるのです。

管理人が選ぶサイト◇◇◇日商エステム – YouTube

グループ一貫体制の日商エステム

日商エステムは大阪、東京、名古屋の日本三大都市を中心に物件の供給を行なっています。日商エステムの特色は数多く存在しますが、その中でもとりわけ強みであると感じている人も少なくないグループ一貫体制について説明させていただきます。

その製品のことを良く知っているのは、もちろん、その製造者に他ありません。グループ一貫体制とは、製造、販売、管理に関して他社を媒介することなく、トータルで行うことです。日商エステムが開発からメンテナンスまでを自社グループで一貫することにより、品質の向上やコストメリットの追求、さらには、顧客の信頼を得ることにも繋がるのです。

では、具体的に日商エステムのシステムの流れを追っていきましょう。まずはマーケティング調査を行い、その時代のニーズを把握し、顧客の容貌と市場の流れをマッチングさせることに注力します。ここでは、立地調査を徹底し、さらには不動産の市場調査、購入層のマーケティングリサーチを行います。次に行うのは事業用地の選定です。市場のニーズに合っていて、なおかつ価値が高いロケーションを法規制などの障害をクリアした上で行います。こうした段取りを踏まえた上で、いよいよ企画設計に入ります。事前に計画したロケーションに沿うような住まいづくりを目指しています。商品化に向けて動き出すのです。設計会議や商品の企画会議、施工会社の選定。顧客への提案用のパンフレットやモデルルームをコーディネイトすることもここからスタートします。そして、施工や既存の分譲住宅の修繕工事に取り掛かります。こちらは品質管理を徹底してチェックすることはもちろんですが、周辺環境への配慮も忘れることはできません。その後、完成した後に販売、分譲へと移りますが、このときも一切他者を通さないのが日商エステムの特徴だと考える人もいるでしょう。購入のための人生設計やローンに関する手続きも行うため、スムーズに物件を引き渡すことが出来ます。その後のメンテナンスやイノベーションも行うことが出来るため、顧客は安心して物件を任せることが出来るはずです。

顧客にとって、住まいは一生の買い物です。そのため、買って終わりではなく、日商エステムのように生涯を通じて寄り添っていけるようなパートナーになれる存在である方が力強いと感じる人も多いでしょう。グループ一貫体制では、物件のクオリティが上がるだけではなく、顧客と日商エステムの絆がより深まるような仕組みが出来上がっているということが、さらなる発展に繋がるのではないでしょうか。

一生一緒にいてくれる日商エステム

どんな買い物よりも一戸建てやマンションなどの住まいの買い物が重要なのは、そこに人が住み続けるという前提があるからです。もちろん、金額の高さも影響していることは間違いありませんが、例えば宝石や骨董品であった場合、たとえ放っておいても何も問題はありません。しかし、住まいは人が住んでこそ初めてその価値を発揮します。そのため、購入して終わりではなく、その後の生活が充実するかどうかということこそが、住まいの真価だと考える人も少なくありません。

総合デベロッパーである日商エステムは、住まいの「進化」「深化」「真価」をホームページ上で掲げています。日商エステムの特色はグループ一貫体制を構築していることです。自社で作った商品を自社で販売し、管理することで効率的にその真価を引き出すことができます。

では、具体的にどのような流れで進んでいくのでしょうか。まずは、マーケティング調査、事業用地の選定を進めていきます。その後、そのロケーションにあった住まいを企画設計し、施工に取り掛かります。この時、建設途中の品質管理や周辺環境への配慮も忘れることは出来ません。その後の販売や分譲に関しても、グループ一貫体制の日商エステムは、ライフプランニングの設計、ローンの手続きなども顧客に対して提案していきます。最終検査を行なった後、さらに自社チェックをして顧客に引き渡した後も、日商エステムの仕事は終わりません。引き渡しが終わった後も定期的なメンテナンスを行います。また、そのメンテナンスの結果に応じて修繕や改善のプランも提案。そうすることで、大規模な修繕工事も可能となるのです。さらに、住宅を手放す必要が生まれてしまった場合でも、市場を把握している日商エステムだからこそ出来る最適なプランニングを提示することが可能です。また、リノベーションも行うことが出来るため、まさに、住宅の誕生から終焉までを見届けることが出来ると言えるのではないでしょうか。

土地情報を入手し、その取得決定までの時間をスピーディに行うことで、市場のニーズを的確にとらえます。また、様々な協力会社を結ぶ重要なパイプ役も務め、「住まいを通じて一生のお付き合い」の理念の元に、顧客との人間関係を大切にした活動を展開している日商エステム。こういった住まいのスペシャリストを知っていることで、より一層人生が豊かになると考える人も多いのではないでしょうか。日商エステムのような存在と深く関わりを持ち、住環境を充実させましょう。

住まいの始まりから終わりまでを見つめる日商エステム

ヘトヘトになるまで働いて、帰ってくる場所があるというのはどれだけ心強いことでしょうか。安心出来る住まいというのは、それだけで精神の支えになるものです。それだけにマンションや一戸建て住宅に憧れを持っているという人も多いかと思います。数ある不動産業者の中で、どのようなところを選ぶのが良いのでしょうか。

日商エステムグループが掲げているのは、「製・販・管」を総合的に行うことで、品質を高く、信頼を深くするということです。つまり、グループ内で一貫体制を構築することで、クオリティを上げ、顧客からの信頼を勝ち取ることに成功しているのです。不動産商品の開発から、その商品のメンテナンスに至るまで一手に引き受けるということは、日商エステムはどのような仕事をしているのでしょうか。

まず日商エステムはマーケティング調査を行い、不動産市場の動きや顧客ニーズの把握。さらには立地調査を行い、事業用地を選定します。このときに法規制に引っかからないかを注意した上で、市場のニーズを満たすようなロケーションを選んでいくのです。用地が決まったら、次は企画と設計です。きちんとロケーションに合うような住まいになるように何度も会議をして商品化にまで漕ぎ着けます。このときに顧客へのプレゼンテーション用の販売促進グッズも企画しているのです。さらには、プランや設計の会議、施工会社を選ぶ工程が含まれています。施工や大規模な修繕工事に取り掛かったら、その途中で品質管理も行います。また、周辺の環境や住民への配慮もしています。

「物件を建てたら、それで仕事が終わり」とはいかないのが、日商エステムグループの一貫体制です。物件の購入を考えている顧客に対してローンの手続きの手伝いをし、ライフプランニングの設計まで面倒を見ます。引き渡しの際に最終検査の後の自社チェックなど、顧客に対して「これでもか」と言わんばかりに寄り添っているのが分かります。また、管理やメンテナンス、リフォームから大規模修繕工事、リノベーションなども手掛けているため、その物件の始まりから終わりまでを全て任せることが出来るのです。最終的に手放してしまうことがあっても、日商エステムは市場調査から割り出した適切な鑑定結果に基づき、最適な形で物件を扱えるような提案をしてくれることも魅力の一つでしょう。

日商エステムグループのように、一つの物件を手厚く見てくれるような不動産会社を選ぶことで、面倒になりがちな手続きも任せることが出来ます。日商エステムのような業者を選びたいという人がいるのも頷けます。

幅広い層に企業メッセージを届ける日商エステム

関西方面で地盤を固めた日商エステムは、その後、大阪、名古屋、東京の三大都市を中心とした全国の主要な都市に展開をしています。1991年に創業して以来、供給を安定して行い、業績を確実に伸ばしてきた日商エステムは、経営戦略を全体的に担うエステムホールディングスも設立しています。

また、2004年に東京へ進出してからは、東京23区内にある立地を中心に物件を展開。多様な都市の生活スタイルに対して柔軟に対応出来る商品があります。「フュージョンタイプ・マンション」や「ステュディオタイプの高付加価値マンション」という立地条件やオフィスへの活用性の高さなどから資産運用の可能性に期待出来るマンションも供給しています。

また、企業広告に目を向けてみても唸るものがあります。テレビコマーシャルを筆頭に、雑誌広告や新聞など、ありとあらゆるメディアに展開している広告活動を見たことがあるという人もいるかと思います。街中にある看板やポスターの中に日商エステムの名前は確かに存在しているのです。その中でも大阪のメインスポットである道頓堀に、ひときわ目立つ巨大な看板を展開しているので、その知名度は抜群です。道頓堀を流れる川面に映る「日商エステム」の文字は大きなインパクトを与えていると思っている人も少なくありません。また、有名な阪神甲子園球場の一塁アルプススタンド側や、若者がこぞって繰り出すライブハウスである「なんばHatch」の横、さらには新御堂筋などに大きく看板を立てていることでも広く知られています。全国ネットのテレビ番組でもCMを流していることから、関西だけでなく全国的にも知名度は抜群です。こうした宣伝活動は、日商エステムで物件を買いたいという人はもとより、物件を売りたいという人にも強い訴求力を持ちます。こうして、物件の循環性を高めることで、よりそのクオリティが上がっていくと考える人もいるのではないでしょうか。

製造から販売、管理までを一貫体制で行う日商エステムは、大阪を中心に高い知名度を誇っています。街の目立つ場所に建てられた看板やテレビコマーシャルの効果は企業のイメージやメッセージを不特定多数の人々に届けることに大きな役割を担っています。また、それだけではなく共同事業への取り組みも怠りません。得意な分野を持ち寄った共同事業を行うことで、さらに物件のクオリティを高めることが可能になります。物件のことで何か困った点があったら日商エステムのような業者を探してみるのも良いかもしれません。